結婚式で振袖を着る

結婚式で振袖を着る

成人式でレンタルではなく、思い切って着物を買われる方もいらっしゃると思います。
振袖は、ご友人やご家族・親せきなどの結婚式の際に着ていけるので、成人式以降も着る機会があります。
特に、振袖は華やかで袖が長いこともあり、結婚式などでお一人着物の女性がいらっしゃるだけで、場がとても華やかになり、招待側の親せきやご家族にとても喜ばれます。
振袖の着付けは、普通の着物よりも変わり帯にすることもあり少々時間がかかりますが、着物を着る機会が少なくなった現代では、着ることで気持ちが引き締まりますし、周囲にとっても見ているだけで気持ちが和む、日本の文化を象徴している存在ですね。
通常、未婚の女性が着ることが多いですが、ご自身の結婚後も着用することはできます。
また、柄によっては袖を短く切ることができるので、振袖から訪問着のように正式な着物として、お祝いの席に着ることもできます。
ただ、柄によって目立ってしまう場合もあるので、和服屋さんなどで相談されることをおすすめします。

より可愛く見える振袖のコーディネート

振袖を可愛く着こなすにあたって大切なことは、やはりまずお着物そのものに凝って、いいものを買うということですが、帯や小物、髪型のスタイルに関して斬新なアイデアを考えるだけでもより可愛く出来ます。
帯、小物その他と、お着物の組み合わせに関して、全体的な調和を考えながら古風なものとモダンなものをクロスさせたコーディネートにするのも素敵ですし、小物として全く洋風のものを取り入れたりするのも可愛いでしょう。
また、少し長めの帯を使って、帯の結び方を大きな蝶型にしたり、花模様のような結び方にするのも良いです。
かんざしの所に、プリザーブドフラワーなど、生花に見えるようなものを一緒に挿しても豪華になります。
また、髪型に関しては和服となるとアップにするのが常でありますが、いつもの日常の延長線上であるように、髪を下ろしたままで振袖とのコーディネートを考えてみても良いでしょう。
ハーフアップでもいいですし、全く下ろしたままで髪飾りとともにまとまりがつくようなスタイルを、美容師さんに相談してみるといいかもしれません。