成人式の振袖は一年前に決めておこう

成人式の振袖は一年前に決めておこう

一生に一度の成人式に向けての振袖選びは一年前が基本です。
ご自身で購入される方は振袖選びにも勿論長い時間がかかりますし、仕立ての期間も考えなくてはなりませんし、昨今は前撮りをされる方が大半ですから、その時期も考えておかなくてはなりません。
振袖の新作は、成人式の終了した1月~3月頃までに発表されます。
ですから、ちょうど自分の成人式の1年前から選び始めることで、新作を含むもっとも沢山の中から選ぶことができるということになります。
また、この時期から行動を開始すれば、沢山の種類の中から好きな振袖を選ぶことができるだけではなく、前撮りの日程も一番良い時期を選択することができるでしょう。
また、一番重要な成人式当日の着付け予約についても、理想的な時間を設定することができます。
当日の着付けの時間については、いずれにしてもとても朝早い時間になることは間違いないのですが、後になればなるほど、どんどん早い時間にずれ込んでいきます。
一番早い人は夜中の2時3時ということも普通にあり得ます。
大切な成人式に、寝不足で出席するのは残念ですので、出来る限り理想的な時間帯を確保できるように、早めの行動をお薦めします。

自分に似合う振袖を選ぶポイント!

振袖は未婚女性の第一礼装ですが、昨今では成人式以外に殆ど着る機会がなくなってしまっていますね。
残念なことだと思います。
しかし、時間をかけてじっくり自分に似合う柄を選び、ヘアスタイルや小物を選び、前撮りを予約したりするうちに、振袖の素晴らしさに気づき、その後も友人の結婚式などに積極的に着たくなってしまう人も多いのですよ。
せっかくの晴れ舞台です。
そして大枚をはたくのですから、自分に似合う、誰よりも素敵なものを選びたいものですね。
振袖の柄には大きく分けて2つあります。
「古典柄」と呼ばれる古くからある伝統的な柄と、「モダン柄」と呼ばれる現代柄です。
若い女性は、その洋服に近い雰囲気から、モダン柄に傾倒しがちですが、先々のことを考えるならば、是非とも伝統的な古典柄をお薦めしたいと思います。
日本人女性の顔立ちには古典柄がよく似合うものですし、長く使えることは間違いありません。
成人式でお母さんのものを譲り受けて着ている方を多く見受けますが、古典柄であれば何の違和感もなく、むしろ古い方がより素敵に見えたりするものなのです。