振袖と留袖の違いを知っておきたい

振袖と留袖の違いを知っておきたい

振袖とは一般的に若い結婚前の女性が着る格式のとても高い第一礼装の事です。その為主に結婚式や成人式の門出等で着用されています。
長さは小、中、大振袖と長さが様々ありますが、現代では大振袖を着る方が多くいらっしゃいます。
色は色彩豊かで、華やかなデザインが多いです。それに合わせて髪型もウィッグをつけ足したりしてボリュームを出したり、髪に飾りをつけて一層女性を美しくさせています。
一方留袖とは既婚女性が主に着る着物の事で、女性の第一礼装になります。
昔は結婚後に振袖を留袖に仕立て直して着ていました。
その為昔の留袖は柄も色も豊富でしたが、西洋の影響を受けるようになってからだんだん黒地に裾の方にだけ柄を取り入れ、五つの紋が入った黒留袖が主流になってきました。
現代では結婚式などに着る事が多いです。このように違いを知って置くことで、自分が今どちらを着る事がふさわしいのかを理解した上で着用する必要があります。
しかし現代ではこの事を知っていて、未婚の女性であっても年相応の年齢であれば留袖を着ている方もいらっしゃるようになりました。

現代の振袖および留袖のちがいとTPO

振袖は未婚女性の正装であるのに対し、留袖は既婚女性の正装です。
振袖を着ていくのにふさわしいTPOとしては結婚式や成人式などのあらたまったお祝いごとで、留袖を着ていくのにふさわしいTPOは結婚式や赤ちゃんのお宮参りなどのお祝いごとが挙げられます。
振袖を着る場合には帯は金銀の華やかな袋帯を選びふくら雀や蝶結びにします。
また帯締めは金銀の組みひもなど、帯揚げは色物の総鹿の子絞りを選び、足元の足袋は白木綿で草履は金銀の佐賀錦のものを選びます。
一方で留袖の場合には帯は錦織などの袋帯、帯締めには金銀の平打ちを選び、金銀の組みひもを付けます。
更に帯揚げは白の総鹿の子絞りなどを選びますが、足元は振袖の場合と同じで白木綿の足袋と佐賀錦の草履を選びます。これら以外にも女性の和装には訪問着と色無地があり、これらは未婚と既婚の区別なく着られますが正装ではなく略礼装となります。
また訪問着と色無地には西陣織の帯やエナメルの重ね草履などを組み合わせるという点が正装の場合と異なります。